ケースと金属ブレスをケアする方法

機械式時計を毎日つけていると、汗や排気ガス、皮脂などによって汚れてきますよね。ケースなら布を使って拭けば汚れを綺麗に落とせますが、セーム革がない場合は柔らかめの布を使うようにしましょう。ラグ、ベゼルのような部分は細かいので、毛先が柔らかいタイプの歯ブラシや綿棒が向いています。金属ブレスには、柔らかな布やウェットティッシュを使って表面だけでなく裏面も丁寧に拭きましょう。20気圧防水やそれ以上の防水機能があるモデルは、ぬるま湯に浸して綺麗にする方法もあります。

傷が付いた場合のケア方法

お気に入りの機械式時計に傷が付いてしまうと、使っていてもどうしても気になりますよね。鏡面仕上げが施されている機械式時計の金属面に付いた傷なら、ウィノールやアモールなどの研磨剤を使用し、さらにセーム革を使って数分間磨くと、ある程度落とせる場合があります。この方法のメリットは、ワックス効果を加えることができることです。ですが、艶消し仕上げがされているケースの場合には決して使用しないように注意が必要です。

革ベルトタイプを手入れする際のコツ

革ベルトの機械式時計は、革特有の風合いが魅力なので、選ぶ方も多いのではないでしょうか。しっくりと腕に馴染む感覚も魅力的な革ベルトですが、一つ難点があります。それは汗などの水分が染み込みやすいということです。そのため、毎日お手入れしていくのが理想的。布で丁寧に汚れを落としていきますが、酷い汚れには革専用のクレンジングオイルを使用することもできます。オイルを使ったら、外側に保護クリームを塗るのを忘れないようにしましょう。

グランドセイコーは、セイコーが誇る最高級腕時計ブランドです。中でも、スプリングドライブというセイコー独自の機構は、自動巻きでもほとんど狂いのない、高品質のラインナップとなっています。

グランドセイコーのクォーツの関連記事