ちょっとした動きにも注意

犬は毛に覆われているため肌のしわなどは目立つことなく、いつまでも愛くるしい姿を見せてくれます。遊んでいる時についつい走り回らせたりしてしまいがちですが、体力的には厳しくなっています。足腰も弱くなっているので、あらゆる部分に注意を払わなければいけません。ちょっとした段差につまずいて怪我をしてしまったり、無理に抱くなどして腰を痛めさせてしまったりします。子犬の時には難なくできていたことが、老犬になれば易しいことではなくなるのです。

食事の内容にも注意!

食事も子犬の時のようにはいきません。市販のフードにも年齢別で発売されているものがあるように、年齢に合った食事が必要なのです。基本的にやわらかいものへと移行していきます。人間と同じように内臓も弱っていきますので、食べ過ぎにも注意ですね。人間が自分たちの食事をついついあげてしまうということも多いですが、カロリーや塩分が高かったりするのでやめておいたほうが無難です。老犬も、「これは健康に悪いから食べないでおこう」などの判断はできませんので、飼い主が注意を払う必要があります。

常に一緒にいてあげて欲しい

老犬は老犬でも、寿命が近くなってくると最終的には起き上がるのも一苦労ですので、人間の手でサポートする必要があります。食事や水分補給にも積極的でなくなるので、それらを近くまで持っていくなども重要です。心は通じ合っていても、現実的には「あれがしたい、これがしたい」などの会話はできないので人間以上に注意を払ったサポートを心がけたいものです。いかがでしたか?老犬ともなれば、一緒にいられる時間は残り少ないかもしれません。しっかりとサポートをして、愛情を注ぎましょう。

老犬ホームとは、年を取ってしまった犬のホームです。専門のスタッフさんが犬のケアをしてくれるので老犬に適しています。